【真犯人フラグ】みんな怪しく見えてくる!第1話から真犯人フラグ5位まで考察!初回の最後に驚きの展開!【ネタばれあり】

VOD

西島秀俊主演の日テレ系新日曜ドラマ「真犯人フラグ」がいよいよ2021年10月10日(日)放送スタート!

絵にかいたような幸せな家族がある日突然行方不明に。

平凡なサラリーマンが日本中の注目を集めちょっとしたことから「真犯人フラグ(疑惑)」を立てられてしまう。

疑惑や憶測が渦巻く中、凌介は家族を見つけることができるのか!

2019年4月に放送された「あなたの番です」の制作人が再結集されて作成したドラマなだけに今後の展開が期待できる完全オリジナル考察ミステリー。

日テレドラマ

第1話のあらすじと考察

第1話のあらすじ

絵にかいたような家庭、それが相良家。

相良凌介は妻の真帆、長女の光莉、長男の篤斗の4人家族。一家は団地住まいだったか念願のマイホームの完成を心待ちにしていた。

ある日務める運輸会社で配達中にトラックが事故に遭ったと連絡が入る。

その晩、凌介が帰宅すると家には誰もいなかった。

家族に連絡してもスマホは繋がらない。

凌介は3人で映画にでも行ったのか?と思い友人が経営するバーに顔を出す。

深夜に帰宅した凌介はいまだ帰ってきていない家族を心配する。

次の日ご飯の炊けている炊飯器に気が付く凌介。

真帆は帰って夕飯を用意するはずだったと・・・凌介は思い。

1話からみる怪しい人達!

1話を観て正直に言うと 「登場人物が全員怪しいじゃん!!」 そう思ってしまった。

だって府節に意味深な表情するし、そうじゃない人にも「真帆」とつながってたり「凌介」をうらやんでいたりと少なからずh「フラグ要素」があるですよね。

そこで1話をみて僕なりの「真犯人フラグ」を順位ごとに考察してみたいと思わいます。

「真犯人フラグ」第1位 小林洋一

住宅メーカーの「住愛ホーム」営業マンの「小林洋一」。

冒頭で凌介たちが購入した土地での相良家族と落ち合うシーン。

所々で見せる意味深な表情や子供たちもかなり「洋一」に馴染んでいるところ家族写真を撮った時に真っ先に「真帆」の隣に行ったこと本当に些細なことなんだけど僕的にはものすごく引っ掛かりがあったんですよね。

あとセリフで「うらやましくなっちゃって、僕も結婚決めちゃいました」ってところ。

その後のセリフの下りで見せた洋一の表情と視線の先に真帆と篤斗の姿あったこと。

もしかしたら「真帆」との結婚を決めた?と捉えることもできるかな?って思っちゃったんですよね。

ただ、洋一が真帆江の片思いって線も捨てきれないの否めないんですけどね。

公式の「真犯人フラグ」の順位は10月11日13時時点では19位でした。

真犯人フラグ第2 河村敏夫・日野渉・相良真帆

ドラマ『真犯人フラグ』第1話より (C)日本テレビ

河村敏夫と日野渉、相良真帆は凌介を介しての旧知の知り合い。

もしかすると河村か日野と真帆が不倫関係にあり凌介を追い出すために協力しあっているのかもしれないのでは?って思ったんです。

凌介が河村に真帆たちの失踪の相談をした後、「#炊飯器失踪事件」というキーワードでバズらせるような記事で公開捜査まがいな行動を起こしたこと、この世の中善意的な意見だけではなく中傷するような意見も多く飛び交う時代なのに凌介にとってもかなりのリスクがあるやり方をすることに違和感があったんですよね。

雑誌社の敏腕編集長ならもっと水面下で行動をとることも可能かなって。

それにドンピシャのタイミングで日野が失踪した日に飲みに来た凌介の楽しそうな写真をSNSにアップしているのも、もしかしたら凌介を陥れるための策?って思えるんです。

ドラマ『真犯人フラグ』第1話より (C)日本テレビ

失踪当日の真帆の行動も不可解。

凌介には遅番といいつつ実際は早番だったこと。

それに普段は仕事上がりに買い物をして帰るのにその日に限って買い物をせずに帰ったことを見ると何か急いでいたのでは?と見とれるところ。

もしかしたら誰かと落ち合う予定でもあったのでは?

そんなことから、河村・日野・真帆の三人には不倫だけじゃない違う理由で凌介を貶めるに至る何かがあるのかな?って思い「真犯人フラグN02」にあげてみました。

公式の「真犯人フラグ」の順位は10月11日13時時点で 河村が7位、日野が12位、真帆が8位になっています。

真犯人フラグ第3位 菱田朋子

1話の登場シーンは少ないんですが、凌介のスマホに連作先が登録されていたり凌介が真帆たちの失踪のことを尋ねるときの朋子の息子清明の取る姿や別れ際の朋子の表情が何か意味深なきがするんです。

もしかしたら、凌介と朋子は不倫関係にあるのかもしくは朋子が凌介に思いを寄せているのでは?と感じたんですよね。

また、息子清明は同じサッカー教室に通っているもののサッカーがやや苦手らしく、そのあたりで何か相良家と確執が生まれている可能性も?

恋愛や私情のもつれによる犯行もあるかも?ってことでNo3に挙げてみました。

公式の「真犯人フラグ」の順位は10月11日13時時点で 10位となっています。

真犯人フラグ第4位 橘一星

ITベンチャー企業「プロキシマ」を立ち上げた若手起業家。

公式の情報でも意味深なコメントがあり「事件のことを何か知っているようで・・・」と書かれていますね。

社員の「炊飯器失踪」という言葉に表情を固めて反応した点、自分のスマホを見た時の表情からするとやはり何か事件を知るキーマンなのかなって思えます。

ただ、登場シーンもかなり短く表情以外の情報が何もないので判断が難しいとろこ。

公式の「真犯人フラグ」の順位は10月11日13時時点で 1位になっています。

真犯人フラグ第5位 相良凌介

ドラマ『真犯人フラグ』第1話より (C)日本テレビ

もっともフラグが立つ要因がおおい凌介。

ざっと要因を挙げると

  • ドラマ冒頭の「エリンギサンタ事件」のニュースを見ているときの表情と発言「こういう時、犯人ぽく見える人が犯人とは限らないんじゃない?真犯人は笑っているかもよ」と表情を緩めるシーン
  • 家族に意外と無関心。篤斗がサッカーチームのエースだったことを知らなかった点やGPSを持たせているのにそれを忘れている点。
  • 自分のスマホのアドレス帳に菱田朋子の名前が入っていてそこでシーンが止まった点。
  • 家族失踪という事件が起きているのに凌介の肉親(両親など)が一切出てこない。

結構細かくあげるとこれ以上あるんですよね。

ただ、フラグ要因が多すぎると逆に犯人じゃないんじゃないか?って思いもわいてくるんですが・・・

公式の「真犯人フラグ」の順位は10月11日13時時点で 4位になっています。

まとめ

ドラマ『真犯人フラグ』第1話より (C)日本テレビ

1話の最後の展開にはビックリしましたね。

未配達で帰ってきた箱の中に10番のユニフォームを着た誰かの死体・・・?の用のようなものが入っているんですから。

もし、これが本当に息子篤斗だったら凌介に恨みを持つものによる犯行路線が強くなるか凌介が実はシリアルキラーだったとかって展開も予想できますよね。

なんにせよ1話から伏線が張り巡らされている今作。

真犯人をあてるのが楽しみな作品ですよね。

真犯人フラグ見逃し配信はこちら(国内TV) 日テレドラマ

タイトルとURLをコピーしました